ピルが使えない人のための講座

喫煙者がピルを使用すると命の危険が…

避妊の方法として、コンドームなど以外で何か対策はないだろうかと辿り着く答えの一つにピルがあります。周期的に薬を飲み続ける事で、避妊の効果があるのは知られてきた通りです。それでもいまいち踏み切れない人もいますし、利用者の状態によってはピルの処方がされない場合もあります。

それは、喫煙しているかどうかです。特に35歳以上で一日に15本以上吸うという場合だと、ピルの処方はできないようになっています。もしも利用したいと考えているのであれば、喫煙をやめて禁煙も同時に行っていく事になります。なぜ煙草と相性が悪いのかと言うと、血栓症のリスクを高めてしまうからなのです。非喫煙者に比べると、150倍以上という大きな数字でリスクが高まってしまいますので、同時に併用はできないのです。

血栓症がどんな病気なのかいまいちイメージが出来ないという女性も多いかもしれませんが、血液の塊が血管内で突然詰まる病気です。これは脳血管障害や芯血管障害などの様々な障害を引き起こす原因となります。一日10本以下に減らせばいいというような意見などもあるわけですが、他の病気になってしまう可能性、リスクを自分から選ぶというのはよほどの事がない限りしない方がいいに決まっています。

ピルそのものには避妊効果や副効果として生理周期を整えたり、月経前症候群等の緩和などをしてくれたりもします。喫煙を続ける事と、避妊効果を求める事、どちらを優先するのかは選ぶ女性次第です。もしもピルを利用したいと言うのであれば、これを機会に禁煙してしまった方がいいでしょう。大変かもしれませんが、禁煙する事で健康な体や美肌なども手に入れられるのですから、悪い事はないはずです。

避妊ピルを使用できない方は避妊リングを

ピルの服用を検討していても、女性自身が喫煙していたりするなどの状態によっては処方が出来ない場合もありますし、服用してみても体に合わなかったという事があります。そんな時には避妊をどうしたらいいのかと改めて考え直す事になりますが、手段の一つに避妊リングがあります。

これは何なのかと言うと、仕組みとしては子宮内部に器具を入れる事で異物が入ってきたとみなし、異物排除の働きをさせて妊娠をさせないというものになります。T字型のものやコイル型などいろいろとあって、精子を殺す作用のある銅を使っているものも多くなります。避妊リングに関してはドラッグストアや薬局などでは販売されていませんので、クリニックなど医療機関で相談をする事になります。

避妊リングを使う事で、3~5年ほどの長期の避妊効果が得られますから、ピルを定期的に飲み続けるのが難しい場合やそもそも処方がしてもらえない時にも有効です。ただし器具の挿入となりますので、定期的に病院にいって診察を受けたり、場合によっては挿入のし直しなどもする必要があります。それに、避妊リングにも向き不向きがあって、なるべく経産婦の人に推奨がされています。出産をしたことがない女性には利用ができない事があるので、これも病院で相談をしていきましょう。

避妊の手段はコンドームやピルなどもいろいろとありますが、それが出来る人もいれば出来ない人もいます。その為、避妊リングも一つの手段として覚えておくといざという時に役立ちます。費用に関しては医療機関でまちまちですが、おおむね3~7万円ぐらいの費用で装着が出来る所が多いです。種類もありますので、ピル以外の避妊方法を探している場合には問い合わせてみましょう。

避妊リングの安全性と費用について

避妊の方法にもいろいろとありますが、ピルを使用する方法やコンドームをつける方法など様々にあります。カップルの間で考え方は千差万別ですから、できるだけお互いに納得ができるように相談をすることをおすすめします。

その中でもピルと並んで避妊効果が高いとされているのが、避妊リングです。リングと言うとそれだけでも驚くかもしれませんが、これは子宮内に異物を入れる事で精子の着床を防ぐというものになります。一度挿入する事で2年間から数年間は効果が持続しますし、副作用も少なくて全身に影響を与える事もありません。何より、女性自身が避妊をするという事を選べるので、主体性があります。妊娠したくなったらリングを外せば大丈夫なので、その点でも安心できる避妊方法として注目を浴びています。

向き不向きも言われていますが、避妊リングは経産婦の方やピルがそもそも合わない場合などに利用されます。全くお産の経験がない女性や子宮がんや卵巣がんなどの疑いがある時にも使うことができませんので注意しましょう。避妊リングを使用するときの費用に関しては、3~7万円ほどの幅があります。避妊リング自体に種類がありますので、どんなリングの取り扱いがあるのかは事前に利用する病院に相談をしておきましょう。

もちろんメリットやデメリットはピルと避妊リングと双方にありますから、自分でどちらがいいのかはよく考えてみて下さい。毎日飲み忘れることなく続けられるのであればピルでも構いませんし、煩雑さを嫌うのであれば避妊リングをつけておく方が自分自身に合った避妊法だと言えるからです。カップル同士で相談をしたり、病院でも話を聞いたりするなどして納得してから避妊リングという選択をしてみて下さい。
■ピルの通販はこちらがお勧め
男性用の避妊ピルはある?