ピルが使えない人のための講座

昔の避妊法やピルの服用について

パートナーとの性行為では、妊娠や出産の計画がなければ避妊する必要があります。
もちろん、計画がないケースでも妊娠しても構わないという方は、特に避妊の処置をする必要はありません。
ただ、コンドームを使用すると、単に妊娠を回避できるだけではなく、性病などの感染症も予防できるため、様々なメリットがあるといえます。
ですから、例え妊娠しても構わないという場合でも、コンドームを使用することはとても大切なことであるといえます。
一方、絶対に妊娠しては困るという方は、ピルなどの薬剤を服用しましょう。
病院で処方されるようなピルであれば、効果が高いですので、避妊することも難しくはありません。
また、ピルの場合は服用するだけで効果が出てくるため、比較的気軽に避妊ができるといえます。
ただし、ピルを服用することでの副作用などについても、きちんと医師に聞いておきましょう。
ピルにはそれほど大きな副作用はありませんが、人によっては大きな症状が現れることもあります。
ですから、その点に関してはきちんと医療機関に問い合わせておくことが重要です。
女性の中には、ピルの服用ではなく、昔の避妊法を使っている方もいらっしゃいます。
けれども、昔の避妊法にはいろいろな欠点もありますので、それほどお勧めできるものではありません。
やはり、妊娠というのは体にとってとても重大なことなので、計画がないのであればきちんと防止する必要があります。
その上で、事前に医師の意見を聞いておくことは大切です。
それと同時に、パートナーとも情報を共有しておくことが望ましいです。
お互い避妊するために何ができるのかということを確かめ合っておくと、予期せぬ妊娠を避けることができます。