ピルが使えない人のための講座

ピルの飲み始めで生理が止まらないのは煙草のせいか

ピルを服用する際には禁煙するべきだということはよく言われています。
これはピルの副作用として血栓が出来やすくなるというものがあるからです。
血栓、つまり血液中にできた血の塊が血管の中に流れるようになってしまうと、最悪の場合脳梗塞や心筋梗塞といった重度の疾病に繋がってしまいます。
そのため血栓症リスクを増大させるタバコを吸っている人などはピルを服用するべきではないとされるのですが、ここで時折、タバコを吸っていた人が不安に感じるのが「ピルの飲み始めで生理が止まらない」というケースです。
ピルの服用を開始した最初の1シート目で少量の出血が止まらず、生理がいつまでも継続するように思えるというのがこのケースなのですが、ではこれはタバコのせいなのかというとそういったことはありません。
ピルは言うなれば女性の体の中にあるホルモンのバランスを人の手によって変えるための薬です。
ホルモンバランスはその人の体に対してさまざまな影響を与えますから、外部からいきなり変化させるような働きかけがされると、それによってさまざまな副作用が生じます。
そしてこの生理が止まらないという症状もありがちな副作用の一つとなっていますから、煙草を吸っているかどうかに限らず、それなりの人に見られるようになっているのです。
また心配するべきかというとそうでもなく、ほとんどの場合は1シート目が飲み終わり、2シート目に入って体の状態が安定してくると自然に出血が止まるようになります。
それまでは通常の生理のように対応をする必要がありますが、出血が終わった後は通常通りの生活に戻って問題ありません。
そのため心配は全く必要ないのですが、もしどうしても心配だという人や、2シート目に入ってからも出血が継続するというようなことになっているのであれば、ピルを処方してもらった病院に相談するようにしてください。